砂糖不使用のカラクリとは?


HOME健康エリートハウスブログ2017年1〜3月砂糖不使用のカラクリとは?


砂糖不使用のカラクリとは?
(2017年3月10日11:02)

さて、前回のメルマガで

「簡単なお腹のぜい肉の取り方」

をご説明しました。

今回は、こちらもご質問の多い【糖分の表示】についてお話します。


現在、食品に対する糖分の表示において、

・ノンシュガー
・糖分ひかえめ
・○%低糖
・甘さひかえめ
・砂糖不使用

といったものをよく見かけます。


一見、

「どれも砂糖が入ってなさそうで、太らない」

と思ってしまいますが、実は少し違うのです。

まずこの中で一番カロリーが少ないものはどれだと思いますか?

 ・

 ・

 ・

 ・

 ・

結果から言うと、

「ノンシュガー」

なのですが、少しややこしいですよね。


それでは、これらをカロリーの高い順に並べてみます。

 1.甘さひかえめ
 2.砂糖不使用
 3.○%低糖
 4.糖分ひかえめ
 5.ノンシュガー

上のようになります。

意外ですよね。砂糖不使用は2番目にカロリーがあるのです。

順にご説明します。

1.「甘さ控えめ」

これは、対象とするものが曖昧です。そのため、ものすごく甘いものに対して「控えめ」でも、カロリーが高いのは変わりません。


2.「砂糖不使用」

確かに砂糖は使用していませんが、砂糖以外の糖分は使用しています。


3.「○%低糖」

こちらも「甘さ控えめ」と同じく、対象のものが曖昧です。


4.「糖分控えめ」

この表記は、「糖分が100ミリリットル当たり2.5g以下」という厚労省の基準があります。


5.「ノンシュガー」

この表記は、「糖分が100ミリリットル当たり0.5g未満」という厚労省の基準があります。


いろいろとややこしいのですが、ダイエットを考えているならば、

「糖分控えめ」

「ノンシュガー」または「ノンカロリー」


を選ぶことをおすすめします。

過去の記事
2017年1〜3月
2016年10〜12月
2016年7〜9月
2016年4〜6月
2016年1〜3月
2015年10〜12月
2015年7〜9月
2015年4〜6月
2015年1〜3月
2014年11〜12月
2014年7〜10月
2014年4〜6月
2014年1〜3月
2013年8〜12月
2013年4〜7月
2013年1〜3月
2012年11〜12月
2012年9〜10月
2012年7〜8月


ブログのトップへ

お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

下線