乳酸菌生産物質の性質と効果について解説


乳酸菌生産物質の詳細について
前のページに戻る
吸収をサポートする「乳酸菌生産物質」
体内には、100種類以上の細菌が100兆個も生息しています。そして細菌には ”有害な悪玉” と、”吸収力を助ける善玉” がいます。

善玉が優位になると、悪い菌が寄り付かなくなるため、栄養素の働きを助けたり、その作用が数倍高くなります。
善玉菌と悪玉菌

善玉菌と吸収力の関係とは?

ルテインなど視界の栄養素が含まれたサプリメントは、実際に吸収されなければ効果がありません。
どんな栄養価の高いものを摂るか
ということも大切ですが、
しっかりと吸収することが出来るか
これによりサプリメントの実感力が決まると言われています。

体内に本来備わっている善玉を優位にしておくと、摂取した栄養素の吸収が飛躍的に高まります。
乳酸菌生産物質
前のページに戻る

”乳酸菌生産物質”とは?

人間の「腸」は、体で最大のホルモン産生をしている部分のため、
「第二の脳」とも呼ばれています。

そのため、健康に良いとされている「乳酸菌」を摂取すると、
環境が整えられて栄養素の吸収率が向上するとされています。

しかし、外から摂取した 「乳酸菌」 は酸にとても弱く、多くが胃で
分解されてしまうため、あまり効率がよいとは言えません。

これに対して、
乳酸菌生産物質
という成分は、体内に存在している「乳酸菌」に直接働きかける
性質があるため、効率よく環境をサポートします。
乳酸菌生産物質
健康食品の大辞典
前のページに戻る
あなたの視界は大丈夫?
お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線