ゼアキサンチン


黄斑部に存在する栄養素とは?

眼精疲労対策に話題となっているルテインは、もともと網膜の中心である「黄班部(おうはんぶ)」という部分に含まれていて、有害な青色光を吸収したり、酸化防止剤の役割を果たしたりしています。

これは、食生活や加齢により失われることが多く、失われると、加齢性黄斑変性症という病気に進行することがあります。

この病気は進行を続けると、いずれは失明にいたる恐ろしい病気で、加齢によって起こることが多いのですが、現代では眼の使いすぎや、食生活の乱れから加速するケースが多いのだそうです。

心配な方は、ルテインを補うサプリメントが多数出ていますので、そういったものを摂取して予防するようにしましょう。

また、野菜でもルテインを多く含むものがあり、ケールやほうれん草などが良いようです。

ところで、ゼアキサンチンというものを知っていますか?

実は黄班部にはルテインの他に、ゼアキサンチンというものも存在します。
ゼアキサンチンの働きは、ルテインとほぼ同じで、一緒に働きます。

ゼアキサンチン、黄班部のさらに中央部分「中心窩(ちゅうしんか)」に多く含まれています。一方ルテインはその周辺に多く含まれています。

眼は、中心に行けばいくほど有害な可視光線の影響を受けますから、ゼアキサンチンの方が強力な保護作用があると言えます。

ではルテインばかり摂取してていいのかという話になりますが、ご安心下さい。
ルテインを摂取すると、その一部がゼアキサンチンに変換されるのです。

そのため、サプリメントで摂取する場合はルテインのみ配合のもので問題ありません。緑黄色野菜で摂取する場合は、両方摂取できます。
<< 前のページ 次のページ >>


お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線