瞳の栄養素「ルテイン」人体にもともとある?


瞳に存在する栄養素とは?


ルテインは人の体(瞳)にもともとあるもの?

眼精疲労の緩和や、眼病予防として、ルテインを摂取できるサプリメントが人気です。現代人の生活は、パソコンと切っても切れない関係にありますから、当然の成り行きとも言えます。

ルテインは緑黄色野菜や卵黄に多く含まれているとされ、食生活の乱れから加齢性黄斑変性症が引き起こされる恐れがあります。

人間の網膜や子宮などに存在することが確認されていますが、体内で生成することはできません。

そのため、食品から補給しつづける必要があるのです。

では、生まれたての赤ちゃんで食物を摂取できない状態では、ルテインは存在しないのかという面白い質問がありました。

結論から言うと、存在します。

母乳と臍帯血漿中にルテインとゼアキサンチンが含まれていることが確認されているそうです。これにより、母体に居る時や、母乳を通じて、母体にある栄養素が赤ちゃんに運搬されていると言えるでしょう。

ところで、子宮にも存在するのですが、サプリメントを摂取したことで、生理痛が緩和されたという記事がありました。

詳細なメカニズムは不明ですが、そのような嬉しい効果もあるのです。

そういえば、眼の使いすぎは子宮を収縮してしまうという話もあります。子宮が収縮してしまうと、血行が妨げられ冷え性になったり生理痛を引き起こしたりするそうなので、その効果は女性には期待できるかもしれません。
<< 前のページ 次のページ >>


お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線