眼精疲労の原因とルテインについて解説しています


眼精疲労の原因について


眼精疲労の原因

パソコンによる眼精疲労に悩んでいる人はとても多くなっています。眼精疲労は、そのままにしておくと頭痛や肩こり、腰痛などにまで発展し、とてもやっかいです。

かといって、職場で好き勝手にストレッチをするわけにもいきません。眼精疲労から来る頭痛が発展して、吐き気を催すことすらあります。本当に辛いですよね。

視神経は、頭の後ろの首の付け根で束状になっています。ですので、ここの血行が滞ると充血したり、頭に血がいかなくなったりします。


パソコンを使っていて、眼が疲れる原因は、大きく3つあります。

 1.常に一定の距離を見続けるため、ピント調節機能に負担がかかる。
 2.集中して画面を見続けるため、まばたきの回数が減る。
 3.パソコンのディスプレイから放射される青色光が眼にダメージを与える。


眼精疲労の対策で、一時間ごとに窓の外を見て休憩しよう。というのを良く見かけますが、まったくそのとおりです。

定期的に違う距離の物を見て、ピント調節機能のストレッチを行ったり、ディスプレイから眼を離すのは眼を休めるために必要なことと言えるでしょう。

アントシアニンやルテインといった成分を含むサプリメントを摂取して、対策を講じる人も多いでしょう。

アントシアニンは、眼球内の毛細血管を強くして血行を良くし、眼のピントを調節する毛様体の働きも助けます。

そしてルテインは、網膜に到達した青色光を吸収する働きをします。ルテインは人体の中では網膜に存在する成分なので、効果が直接的で期待できます。
<< 前のページ 次のページ >>


お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線