オリーブ葉エキスとウイルス、細菌のトラブルについて


 > オリーブ葉エキスとウイルス、細菌のトラブルTOP
ウイルス、細菌のトラブルメニュー
オリーブ葉エキスとは
健康エリートハウストップ

あなたもこのようなお悩みはありませんか?

ヘルペス(ウイルス)
口唇、または陰部に小さな水泡や、帯状のようなものができる疱疹のことをいいます。風邪をひいたり疲労が重なった時、免疫力が低下した時にできます。血液中の水腫ウイルスは死滅しますが、神経節に潜ったウイルスは生き残り、免疫力が低くなると出てきます。免疫力の管理が必要です。
耐性菌(たいせいきん)
細菌に対して抗生物質を多く使用していると、だんだん効かなくなり、耐性を持った「耐性菌」となります。【MRSA】はブドウ球菌が抗生物質に対して耐性を得たもので、メチリシリン耐性黄色ブドウ球菌と呼ばれ、高齢者に多く見られます。日頃から免疫力に注意する必要があります。
HIV(エイズ)
後天性免疫不全症候群(エイズ)は、血液中のリンパ球の一部を破壊して免疫反応を低下させるといわれています。潜伏期間は6ヶ月位から15年以上で、集中力の低下、物忘れ、無気力、幻覚、うつ状態などが見られます。薬剤で治療されていますが、早めの対策が必要です。
慢性疲労症候群(CFS)
体を動かせなくなるほどの疲労で、寝たきりになることもあります。しかも、いつまでたっても疲れが取れないウイルス感染です。喉の痛みや筋肉痛、頭痛、不眠など他にも多くの症状が出ます。免疫力の低下時に多く発生するといわれるため、免疫力の維持対策が必要です。
「オリーブ葉エキス35」とは?
お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線