サプリメントの選び方について
サプリメントの正しい選び方
 

1.≪天然≫の成分を使用しているか

同じような製品でも、【天然成分】 と 【合成品】 があり、この違いはとても重要です。ワシントン大学の「マイケル・マレー博士」という栄養学者は、
「天然成分でなければ、栄養素は体内で仕事をしない。細胞にある受容体が合成物をはね除いてしまうので意味が無い。これは自分自身を守るたの自己防御本能である」
と言っています。

人間はもともと自然界にある食品から栄養素を摂っています。そのため、合成された栄養素は 「化学構造」 は同じでも、身体には 「異物」 と判断されてしまうことがあります。

また安全性において、一部の合成品には副作用が認められ、中でも合成ベータカロチンには喫煙と共に発ガンの試験結果もあります。そのため、サプリメントは副作用がなく吸収されやすい、天然由来成分をおすすめします。

天然と合成の見分け方

天然と合成の見分け方ですが、天然は色ばらつきがあり、特有の匂いがします。一方合成栄養素は、色は均一で匂いはほとんどありません。

また、天然成分を使用している場合は、≪天然≫と記載されていますが、合成はわざわざ≪合成≫とアピールすることはありません。

合成サプリメントは値段が安く、多くのメーカーが製作しているため、どこでも手軽に買う事ができます。これに対して天然のサプリメントは、製作に手間がかかるため値段が高くなります。
におい 吸 収 価 格 安全性
天 然 香りがある 均一でない とても良い 高 価 副作用はない
合 成 ほとんどない ほぼ均一 されにくい 安 価 一部副作用がある

2.栄養素が組み合わされているか

栄養素は一般的に単独では機能されにくく、他の栄養素との組み合わせによって効率的に働きかけます。せっかく摂った栄養素も、受け入れる側の整備が整っていない場合、残念ながら吸収されなかったり、吸収されても目的の場所に届かなかったりします。
吸収の図
そのため、主要な栄養素に、それをサポートする栄養素がバランスよく配合されていることが大切です。

3.安全性は大丈夫か

サプリメントにおいて、稀に安全性に問題のある商品があります。そのため、必ず安全性の確認されているものを選ぶことが大切です。具体的には、
安全性について
に分けられます。

まずそのサプリメント(栄養素)は安全性の試験を行い、副作用などの有無を確認しているか、そして第三者機関などに認証を得ていることが重要です。

そしてサプリメントを製造する工場においては、
品質について
といった条件を満たしていることが重要になります。
4.相談することができるか
自分に必要な栄養素というのは、それぞれ状況も異なるため、なかなか分からないもの。そのため、様々な不安を抱える中で、きちんと相談することができるというのは、実はとても大切なことなのです。

サプリメントは「薬品」ではありませんが、生体に作用する物質である以上、より効果的な摂取方法や、人体に悪影響のある組み合わせが存在します。本当に必要な栄養素や、その摂取ついて相談できることが理想的です。

なお、ドクターや管理栄養士、サプリメントアドバイザーなどによる健康相談ができると、よりご自分に合ったサプリメントを見つけることができます。
お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線