好転反応についての説明
 

サプリメントを食べたときの瞑眩現象(好転反応)とは?

サプリメントを食べたとき、従来より体の調子が一時的に悪くなったり、色々な反応現象がでる場合がありますが、これを漢方では瞑眩(めんげん)現象(好転反応)と呼んでいます。

この現象はトラブルが改善されるときに起こる 「一部細胞の拒絶」 であったり、「代謝によって変質細胞が正常細胞に修復されるときに起こる反応現象」で、体内の有害物質が体外に排泄されるときに起こることを言います。

これは症状が好転、あるいは治癒するための過程における一時的な現象で、漢方では、

「瞑眩せざればその病癒えず」

とも言っています。副作用とは異なりますので、どうぞご安心ください。

瞑眩現象で起こる諸症状について

瞑眩現象は「調整反応」ともいい、次のような症状が出ることがあります。
これは個体差(各個人の食生活、体質、性格、職業、年令、性別等)にもよりますが、サプリメントを食べ始めてから早ければ数日以内で、普通は2〜3日目くらいから始まり、おおよそ2〜3週間くらい続きます。
体がだるい、頭が重い、眠い、体が痛い、めまいがする、下痢をする、便秘になる、 眼がしょぼつく、体がしびれる、湿疹ができる、体がかゆい、熱が出る、汗が出る、目が痛む、一時ふとる、フケが出る、一時生理の出血が多くなる、生理時の 血が黒くなる、トイレが近くなる、黒い便が出る、痔が一時悪くなったように出血する、鼻血がでる、皮膚からアカが出る、耳アカがでる、一時的に血圧やコレ ステロール値が上がる、など

瞑眩現象の対策/摂取量を減らす

これらの症状に対して、自分が嫌悪感を抱いたり、不愉快になったり、あるいは耐えられないような状態のときは、サプリメントの摂取量を大幅に減らし、決してあわてず症状や体調に合わせながら徐々に正常な摂取量に戻してください。

決して我慢しないことです。

また、このような反応現象がいったん去って、快適な日が何日かつづき、再び反応現象が現れる場合があります。これは体のどこかにまだ回復していない部分があったためですが、やがてこれも落ち着いて快適な日々が訪れます。
お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線