眼瞼腫瘍(がんけんしゅよう)の特徴


目の腫瘍について
眼瞼腫瘍(がんけん)
 
 

目の腫瘍とルテインのサプリメント

眼瞼腫瘍(がんけんしゅよう)

眼瞼腫瘍(がんけんしゅよう)は、まぶたにできる腫瘍で、良性のものと悪性のものがあります。発生する頻度は、良性のものが高いようです。


眼瞼腫瘍(がんけんしゅよう)の症状とは?

眼にできる「できもの」は、しばしば腫瘍と間違われることがあります。間違われやすいもののひとつが母斑(ほくろ)です。

麦粒腫(ものもらい)も腫瘍ではなく、細菌感染による炎症性の腫脹です。また霰粒腫(さんりゅうしゅ)と呼ばれるものは、特に腫瘍と間違われやすいできものですが、これは慢性の炎症です。

ただし、霰粒腫が腫瘍に変異する場合もあるのでやっかいです。まぶたにできる腫瘍には次の種類があります。



眼瞼腫瘍(がんけんしゅよう)の症状〜良性腫瘍の場合

いろいろなタイプがあります。専門的にいうと乳頭腫、皮角、粟粒腫、粉粒、モル腺嚢腫、母斑、血管腫、類皮嚢腫、眼瞼黄色腫などと分類されています。



眼瞼腫瘍(がんけんしゅよう)の症状〜悪性腫瘍の場合

悪性のものには次の種類があります。


1.基底細胞がん 増殖拡大はするが転移するのはまれです。浸潤性をもって増殖します。頭骸骨や副鼻腔にまで浸潤し、出血や呼吸困難などで死亡することもあります。
2.基底細胞がん 増殖拡大はするが転移するのはまれです。浸潤性をもって増殖します。頭骸骨や副鼻腔にまで浸潤し、出血や呼吸困難などで死亡することもあります。
3.腺がん 霰粒腫が変質し、進行するがんです。しばしば耳前リンパ節や下顎リンパ節に転移します。高齢者に多いがんです。
4.黒色腫 メラノーマともいい、深部に進行する悪性の強いがんです。進行が早く、転移する可能性も高い。
症状は、できものとの違いに注意する必要があります。腫瘍は腫瘍部分からの出血、まつげの脱落などが起こり、また腫瘍の中央部がへこんで潰瘍を作るなどがあります。また大きさが1cmを超える場合も要注意です。


眼瞼腫瘍(がんけんしゅよう)の治療方法

がんの種類や進行、また原発により放射線治療やがん組織の切除手術を行います。

手術の場合、切除後にまぶたが欠損してしまうので、形成手術が必要になります。また転移が発見された場合は化学療法を行います。

がん組織を切除したとしても、悪性腫瘍が生まれる体質が治ったわけではありません。免疫力を維持することが重要です。



次へ 2.結膜の腫瘍について >>



 1.眼瞼腫瘍(がんけんしゅよう) 眼瞼腫瘍の症状と改善方法について
 2.結膜の腫瘍 結膜の腫瘍の症状と改善方法について
 3.ぶどう膜の腫瘍 ぶどう膜の腫瘍の症状と改善方法について
 4.眼窩腫瘍(がんかしゅよう) 眼窩腫瘍(がんかしゅよう)の症状と改善方法について
 5.視神経の腫瘍 視神経の腫瘍の症状と改善方法について
 etc1.目の腫瘍が発生する確率 目の腫瘍が発生する確率について
 etc2.悪性腫瘍の原因 様々な悪性腫瘍の原因とは?
 etc3.悪性腫瘍の実例について 悪性腫瘍の実例(ピーコさん)について


目の腫瘍トップに戻る 上へ


 

有限会社 プロジェクトハウス 会社概要 >>
〒154-0002 東京都世田谷区下馬1-21-2
FAX:03-3410-6748
 

メールでのお問い合わせ

ドライアイと疲れ目 Q&A ある質問 HOME
飛蚊症(ひぶんしょう) | 黄斑変性症 | 白内障 | 緑内障 | ドライアイ | 疲れ目 | 老眼について


Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved