ルテインと視界トラブルについて/ブルーベリーの配合


ブルーベリーとの相性について


ルテインとブルーベリーの相性

よく、ルテインは視界のトラブルによいって聞きますけど、ブルーベリーは違うものなのでしょうか?

これらは全く異なる成分です。ルテインは天然であれば「マリーゴールド」から抽出します。ブルーベリーはその名の通りブルーベリーの実から抽出します。

どちらも抗酸化力があります。しかし、ルテイン(以下Lutein)はもともと人の目に存在する栄養素ですが、ブルーベリー(以下BB)は体内にはありません。

BBは昔から視界トラブル、とくにパソコンや本で長時間酷使する際に使用されています。これに対してLuteinは、ちらついたり白くぼやけたり、欠けて見えるなどの視界トラブルに対して、高い性能を持ちます。

これらの成分(栄養素)は、お互いに異なった特徴があるため、両方を同時に摂るか、あらかじめ2つが配合されているものを摂ることが大切です。

なお、BBに対してさらに強力な作用を持つ栄養素として、

・カシス

があります。

カシスも果実から摂れる成分ですが、BBをしのぐ様々な機能が備わっているので、これも同時に摂取することが望ましいとされています。

当社のサプリメントには、両方の成分がバランスよく含まれています。


ルテインとビルベリーは違いますか?

ルテインとビルベリーは、互いに視界系サプリメントとして利用されていますが、成分は全く異なります。ルテインは人間の瞳(黄斑部)に存在する成分ですが、ビルベリーは果実です。

ビルベリーは、有名なブルーベリーの野生種のことで、スウェーデンなど北欧に原生しており、一般的には「ヨーロッパブルーベリー」と呼ばれています。

視界の栄養素ブルーベリーには、有効成分である「アントシアニン」が含まれていますが、10〜15倍相当のアントシアニンを含んでいます。

そのため、ビルベリーもブルーベリーと同様に、視界のサプリメントとして使用されていますが、一般的にはルテインとビルベリー、またはブルーベリーとビルベリーのような組合わせで使用されます。

しかし、ビルベリーの組合わせに比べると、ブルーベリーとの組合わせの方が相性がよいといわれています。

そのため、これらを含むサプリメントを摂取する時は、なるべくバランスよく配合されている物で、天然成分が望ましいとされています。商品を選ぶ際には、ぜひこの辺の項目をチェックしてみてください。


ルテイン嚢胞とは?

サプリメントのルテインと、嚢胞は異なります。ルテインは、人の目や乳房、子宮頚部に多く存在し、野菜やマリーゴールドに含まれる成分です。

とくに目に多く存在しており、これが加齢やストレス、目の酷使などで減少すると、飛蚊症や黄斑変性症、白内障や緑内障などといった、目の病気に発展することがあります。

これに対して、嚢胞とは妊娠に関するものです。妊娠初期に卵巣が活発に活動して、卵巣が腫れる現象です。卵巣嚢腫と間違えられることがおおいのですが、基本的に経過を見る処置が一般的で、妊娠15〜16週ごろまでに、ほとんどの場合治まっているようです。

よくある質問TOP
トップページ
お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線