本文へスキップ

ルテインPXシリーズに含まれる栄養素

健康エリートハウス

視界の栄養素「ルテイン」

前のページに戻る
視界の栄養素「ルテイン」とは?
「ルテイン」 は抗酸化作用をもつ「カロチノイド」の一種で、人間の身体に存在している重要な成分です。
目の構造図
目のトラブルの原因として、【紫外線】があります。
目が【紫外線】を過剰に浴びてしまうと、「水晶体」や「黄斑部」が傷つき、様々な眼病などにつながります。
太陽からの紫外線
【太陽からの紫外線】
また最近では、パソコンやスマートフォンから発せられる”ブルーライト”が目に良くないことが知られるようになってきました。
紫外線はこのブルーライトと波長が似ていて、目に強い刺激を与えることが分かっています。
パソコンから発するブルーライト
【パソコンから発するブルーライト】
スマホから発するブルーライト
【スマホから発するブルーライト】
ここで「ルテイン」には、不純物を取り除いたり、寄せ付けなくするパワーがあります。そのため、安定した映像には欠かせない存在です。
ルテインの働き
しかしルテインは活性酸素やストレス、飲酒・喫煙、加齢などによって減少します。
また、目を酷使することでも減って行きます。
悪い生活習慣
そしてこの状態が長く続くと、目には様々なトラブルが発生します
このルテインという成分は、体内では作ることができないので、食品から積極的に摂取する必要があります。
前のページに戻る
「ルテイン」の必要量とは?
一般的に通常は1日6mgのルテインが必要とされていますが、視界にトラブルが発生した場合は、1日20mg以上のルテインが必要になります。
この量は、ルテインを多く含むほうれん草で換算しても 、
”サラダボウル5〜6杯分”
にもなりますが、ルテインPXシリーズでは、
「1日20〜30mgのルテイン」
を手軽に、そしてしっかりと補給することができます。
野菜に含まれるルテインの量
サラダボウル5〜6杯分
ルテインシリーズ
しかし一方で、
「今まで色々なルテインのサプリを
飲みましたが、効果を感じません」
という方がとても多くいらっしゃいます。
【視界の健康に】とされるルテインサプリメントを選んでいるはずなのに、なぜこのように感じる方が多いのでしょうか?
ここで、一般的なルテインサプリメントの多くは、
「疲れる」または「しょぼつく」
といった目的に対して作られるため、下図のようなトラブルに対して、十分に対応することができないように思われます。
眼病の見え方
私たちは、
「気休めではない、しっかりとした実感力を持つサプリメントを提供したい」
このような想いで日々取り組んでいます。
そこには、サプリメントの成分や性能など、私たちが今考えられる最高のものを盛り込んでおり、
「妥協せずに本当に良い物だけを作ろう」
というコンセプトで商品を開発しています。そのため、一般的なサプリメントに比べると価格は高くなってしまいますが、
”確かな実感”
を求めるお客様に認められ、長くご継続いただいております。
前のページに戻る
天然のルテインを使用
サプリメントに使用するルテインの成分には、【天然】と【合成】があります。
天然と合成の違いは明白で、ワシントン大学の栄養学者、マイケル・マレー博士は次のように言っています。
「合成された栄養素は、細胞がはね除いてしまうので体内で仕事をしない。これは自分自身を守るための防衛本能である」
体内細胞
つまり、【合成のルテイン】の場合、体内に吸収されないことがほとんどで、飲んでもあまり効果的ではありません。
また、栄養素は一般的に”純度”が高い程、その効果は高くなります
そのためルテインPXシリーズでは、
「高純度の天然ルテイン」
を贅沢に使用することで、より高い機能を体感することができます。
前のページに戻る
ルテインエステルの代謝と吸収性
ルテインは、マリーゴールドの花から抽出します。
そして抽出したルテインは
エステル体
と呼ばれ、さらにエステル体を精製すると
フリー体 になります。
ルテインの抽出方法
一般的に「フリー体」は吸収がよく、有利とされていますが、最新の研究においては、「エステル体としてのルテインも優れた機能を持つ」という学術論、および試験結果も存在します。
そのため当店の「ルテインPXシリーズ」では、『フリー体』と『エステル体』の両方のルテインを使用しています。
前のページに戻る
ルテインエステルの生物学的有意性
フリー体のルテインと、エステル体のルテインで摂取した場合、血液中のルテイン濃度の上昇具合をみると、エステル体で摂取した方が、フリールテインで摂取するよりもルテイン濃度が61.6%高くなります
また、32時間後のピーク時では、ルテインエステルで摂取した方が2倍近い濃度の上昇を示す結果となっています。

しかも血液中における存在時間も、フリールテインと比べて長い結果となっています。
さらに、血中濃度曲線下面積の値においても、ルテインエステルで摂取した場合、フリー体で摂取した場合よりも 18人中14人(78%)で高い値を示しました。
これらの結果から、フリールテインで摂取するよりも、ルテインエステルで摂取した方が、血液中への移行性がよいことが示唆されました。
前のページに戻る
ルテインエステルの血中ルテイン濃度
ルテインを摂取した時の「血中ルテイン濃度」を比較すると、エステル体を摂取した時の濃度が、フリー体の摂取時に比べて高いことが、臨床試験結果で明らかにされています。
前のページに戻る
あなたの視界は大丈夫?
0120-232-990
0120-232-990