本文へスキップ

黄斑変性症の特徴・原因と対策について

健康エリートハウス

黄斑変性症について

目のトラブルTOP

加齢黄斑変性症の症状とは?

黄斑変性症の症状は、ものがゆがんで見えたり、見ているものの中心部がぼやけていて見えない、小さく見えることもあります。
両目で見ると分かり難いので、必ず片目ずつ確かめます。黄斑変性症がさらに進行すると、視力は低下してきます。
症状1
【正常な見え方】
症状2
【黄斑変性症の症状】
黄斑変性症の見え方の特徴
視界のゆがみ
視力が下がる
視野の中心部が見えにくくなる
見ようとするものが見えない
黄斑変性症のチェック法
ここで簡単に黄斑変性症のチェックをしてみてください。
チェック方法
読書をする距離で、片方の目
だけで中心の点を見る。
(老眼鏡を使ってもOK)
1.部分的に線が曲がって見える
2.部分的にゆがんだりぼやけてる
3.格子が部分的に欠けて見える
いかがでしたか?
左右それぞれの目に、1〜3のうち「いいえ」と答える事項が1つでもあれば、専門医の診療を受けてください
加齢黄斑変性症が中高年に急増中
黄斑変性症は、50才を過ぎたころから始まり、60〜70才代がもっとも多く見られる眼病です。
普段病気をしたことがなく、視力も良かったのに突然発病したという人が多いようです。
この「黄斑変性症」は、目の老化現象といえます。
アメリカでは黄斑変性症が失明原因第一位となっていましたが、政府あげての対策が功を奏して、以前に比べると改善にメドがついています。
不思議に、男性が発症することが多く、女性の発症例の約2倍といいます。
加齢性黄斑変性症(AMD)グラフとルテイン
AMD年代別発症率
「黄斑変性症」について
目のトラブルTOP
あなたの視界は大丈夫?
0120-232-990
0120-232-990

↑トップへ