黄斑変性症と加齢性黄斑変性症の原因と治療


原因について
原因について
目を守る小冊子プレゼント
黄斑症のトップ
目の悩みトップ

黄斑変性症の原因、「新生血管」とは?

新生血管

「新生血管」は生体反応によるもので、正常の血管とは異なります。血管の壁がもろく、すぐにやぶれて出血してしまいます。

その血液が網膜の中へ漏れることで浮腫という状態になり、その影響によって視力の低下が起こります。

この場合、正常の毛細血管を拡張し、強化して目詰まりをとり、新生血管の発生を阻止することが一つの治療方法となります。

新生血管のしくみ
正常→異常


活性酸素と黄斑変性症の関係

目から入る光には有害な「紫外線」が含まれています。そのため、光を受ける「黄斑部」も、紫外線を受けることになります。

その結果、紫外線によって”活性酸素”が発生し、視神経に存在する”脂肪”や”たんぱく質”を酸化させます。

通常であれば、体内に存在する「抗酸化酵素」、「酵素」が酸化物を吸収するため、とくに問題はありません。

しかし、老化やストレス、目の酷使などで、酵素の量が不足すると、活性酸素を除去することができなくなり、黄斑部が損傷することで黄斑変性症になります。


活性酸素を防ぐには、体内や目に存在する「抗酸化物質」の絶対量を増やすことが必要です。同時に、たばこを避けてアルコールを控え、ストレスを溜めないことも大切です。

そして食生活を見直し、サプリメント等を上手に活用して、積極的に黄斑変性症の対策を心がけましょう。



次へ 3.黄斑変性症の手術について >>
カテゴリのトップ
目の悩みトップ
目が良くなる小冊子無料プレゼント

【お名前】


【メールアドレス】 ※携帯不可
※スマートフォンの方はこちらからご登録ください。

お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線