ルテインとマリーゴールドについて

マリーゴールドとは?

マリーゴールドについて


マリーゴールドについて

パソコンなどの有害な青色光から、眼球を保護するルテインは、現代人にとって、なくてはならない成分と言えます。

サプリメントも多数販売されていて、含有しているルテインの種類や分量、精製方法など、多岐に渡っているようです。

特に、化学的に合成されたものは副作用の報告もあることから、ルテインと書かれているからといって無闇に飛びつくのは危険です。

なるべく、天然成分由来の素材を使用しているものを選択しましょう。

天然成分由来のルテインは、ほとんどがマリーゴールドから抽出したものであるようです。

ルテインを食物から摂取する場合、一番含有量が多いのはケールで、青汁になっている野菜です。

しかしそれよりも、マリーゴールドのほうが含有量が高いということなのでしょうか。

食用マリーゴールドは、花壇に咲いているようなおなじみの種類とは異なるものです。花壇のマリーゴールドって、小さい頃よく匂いをかぎましたが、独特な匂いが強いんです。匂いで、近くにマリーゴールドが咲いているとわかるほどです。

このおなじみの方は、匂いのせいで食用には不向きとされています。

食用のものは、ポットマリーゴールドという種類で、ハーブの一種です。
見た目も、おなじみのものに比べて花弁が少なく、控え目です。

和名はキンセンカで、カレンデュラとも呼ばれています。

ハーブティーで飲まれることが多いようですので、こちらも効果的かもしれません。

ルテインを豊富に含むマリーゴールドとは?

ルテインが多く含まれている食品は、ケールやほうれん草などの、緑の濃い緑黄色野菜です。

しかし、ルテインのサプリメントを見ると、多くがマリーゴールドから成分を抽出したものがほとんどです。

それを見るだけでも、よっぽどマリーゴールドに多く含まれているのだろうということは予測できます。

確かに、マリーゴールドの花を大量に毎日摂取するのは難しいです。しかし、成分を抽出する分には効率が良いのかもしれません。

マリーゴールドという花は、花壇にも良く植えられ、私たちにも馴染みの深い花です。少し匂いが強めで、記憶に残りますよね。

実は、私たちが良く知っているこちらのマリーゴールドは、ルテインを抽出しているものと異なります。

ルテインを抽出しているのは、キンセンカと呼ばれているもので、ポットマリーゴールド、カレンデュラとも呼ばれています。昔から、諸国で薬効が高いとして服用されてきました。

マヤ・アステカ文明の頃より、利用されていたとも言われています。

ルテインの豊富さから、眼に良く、また皮膚の炎症などを鎮静する作用もあります。

サポニンというサボン(石鹸)の語源となった成分も含んでおり、洗髪に使用すると、髪がしっとりと艶やかになります。

濃いオレンジ色の花は、太陽のような生命力を感じさせます。マリーゴールドのエキスは、おだやかに、身体を健やかにしてくれるパワーに満ちています。

春の季節には、元気に花壇をにぎわせ、目を楽しませてくれることでしょう。


ルテインならマリーゴールドが一番
実は、マリーゴールドはエディブルフラワー(食べられる花)として知られています。

といっても、花壇に良く植えられている良く見かけるものとは種類は異なります。マリーゴールドといっても、アフリカ種、メキシコ種、フレンチ種と種類があり、一般的に良く植えられているものはアフリカ種で、匂いが強いために食用には不向きとされています。

食べられるものは、ポットマリーゴールドという種類のもので、カレンデュラやキンセンカという名前で知られているものです。

こちらは、欧米でも親しまれていて、花弁を乾燥させてハーブティーにしたり、サフランの代用品として色付けに使われたりします。

このマリーゴールド、皮膚や粘膜の炎症を抑える効果があることから、薬としても活用されてきました。胃の炎症を鎮めたり、アトピーにも効果を発揮します。

また、眼病予防に有効なルテインも豊富に含まれていることがわかりました。

ルテインは、ほうれん草やケールなどの緑黄色野菜に多く含まれていることが知られています。

しかし、もともとカロテンの一種なのですが、緑黄色野菜にはその他のカロテンも多種含まれています。

その中から、ルテインのを抽出するのが困難なのですね。そのため、精製に高度な技術が必要になります。

その点、マリーゴールドにはルテインのみを抽出する必要がなく、効率的に精製を行うことが可能なのです。ルテインのサプリメントは、ほとんどがマリーゴールド由来のものです。
<< 前のページ 次のページ >>


お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線