糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)の原因についてト


糖尿病性網膜症(糖尿病網膜症)
その他の目の病気
糖尿病性網膜症とは
目を守る小冊子プレゼント
その他の悩みトップ
目の悩みトップ

糖尿病より引き起こされる糖尿病網膜症

「糖尿病性網膜症」とは、糖尿病網膜症とも呼ばれ、糖尿病の方が起こす目の病気です。糖尿病により目の血管に様々なトラブルを起こして、視力の低下、時には失明に至るものです。

我が日本において、失明者は年間3000〜4000人と言われています。



失明率第一位

糖尿病は血糖値が不安定なのが特長。高血糖値が長期間にわたって続くと、網膜症、神経障害、腎症などの合併症を起こします。

失明者が最近特に多く、失明率では第一位という恐ろしい眼の病気です。

症状
【 症状 】


10年後に気づく

糖尿病網膜症は、眼の病気の中でも、自覚症状が現れるのが遅く、糖尿病になってから10年くらい過ぎたころに症状が出てきます。突然、眼底出血や網膜剥離を起こして、かなり悪化してから気づく場合が多い。



悪化の段階

  1、単純網膜症
     自覚症状なし。毛細血管がもろく、血液がにじみでる。
  2、前増殖網膜症
     自覚症状なし。毛細血管が部分的に目詰まりする。
  3、増殖網膜症
     自覚症状として、飛蚊症が出て視野もぼやける。
     新生血管が発生し、破れて出血を起こし、硝子体が汚れる。



血管の老化

糖尿病になると、動脈硬化になります。つまり血管が固くなり、もろくなり、目詰まりを起こしやすくなります。当然、新鮮な酸素と栄養分を運ぶ血液の流れが悪くなるので、網膜細胞が栄養不足となります。

このとき、細胞はなんとか生きようとして新しい血管をつくります。そして栄養をとろうとするのですが、急ごしらえの血管は弱くてすぐ破れ出血してしまいます。これが 「新生血管」 の正体です。

増殖糖尿病網膜症の末期
【 増殖糖尿病網膜症の末期 】


糖尿病網膜症の治療

治療は、レーザーで網膜を焼き固める「光凝固」という手術を行います。治療完了までレーザーを千回以上あてますが、完全ではありません。また、「硝子体手術」 によって治療する方法もありますが、治療はかなり難しいのが現状です。



対応について

糖尿病は、血糖値が不安定なのが特長。どうしても安定させたいと思い、食事療法、運動療法、糖尿薬、インスリン療法など試みる。しかし、思うように改善されないのが現状です。

糖尿病は 「代謝の異常」 です。代謝の異常というのは、各細胞の機能が正常に働いていないことです。それなら、細胞が正常な働きをするようにするのが大切です。

栄養療法は、病院やクスリに頼るのではなく、充分な栄養をとることで改善しようとするものです。



解決方法

血管が老化して細胞に栄養が送れないのが原因です。これを解決するには、

第1段階
血管をやわらかくして拡張して、目詰まりを溶かして除去する。
第2段階
細胞膜を強化して、インスリンの受容体を活性させる。
第3段階
新生血管が発生している場合は抑止。
第4段階
血糖値を安定させること。

糖尿病そのものを治さないと網膜症は改善できないのです。



ポイント

  1. 毛細血管をやわらかくする。
  2. 毛細血管を拡張する。
  3. 毛細血管内の目詰まりをとる。
  4. 細胞膜を強化する。
  5. 新生血管の発生を抑える。
  6. 血糖値を安定させる。



次へ 糖尿病性網膜症のよくある質問Q&A >>
カテゴリのトップ
目の悩みトップ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線