ビタミンの役割
ビタミンの役割
ビタミンが足りないと分かっていても、その成分の性質が分からないと、何を摂ってよいのか分かりません。ここでは各ビタミンの特徴について解説します。
瞑眩現象(好転反応)について サプリメントの選び方について
ビタミン
【ビタミンA】
ビタミンA
【ビタミンB群】
ビタミンB1ビタミンB2ナイアシン(ビタミンB3)
パテントン酸(ビタミンB5)ビタミンB6ビタミンB12
葉酸
【ビタミンC、D、E】
ビタミンCビタミンDビタミンE
【その他】
スピルリナセラミドトコトリエノール
 
ビタミンA
特徴 : 脂溶性で、夜間視力維持・皮膚粘膜の健康維持に役立つ。
夜盲症、眼球乾燥症などの改善特徴の他、過剰症を起こさないためにもベータカロテンで摂取したほうがいい。
 
ビタミンB1
特徴 : 水溶性ビタミンで、炭水化物の分解、皮膚粘膜の健康維持に働く。
疲れ目、肩こり、腰痛、便秘、手足のしびれなどの改善に特徴する他、神経系や成長促進にも大きく関与している。
 
ビタミンB2
特徴 : 水溶性ビタミンで、皮膚粘膜の健康維持に役立つ。脂肪代謝と関係が深く、成長と生殖機能に関わっている。セレンとともに過酸化脂質分解に特徴する。
 
ナイアシン(ビタミンB3)
特徴 : ニコチン酸やニコチン酸アミドの総称で、別名はビタミンB3である。
水溶性ビタミンで脂肪・糖質の代謝に特徴し、皮膚や粘膜の健康維持に役立つ。生体中に 最も多く存在するビタミンで、性ホルモンやインスリンなどの合成に不可欠である。体内ではトリプトファンから合成される。
 
パントテン酸(ビタミンB5)
特徴 : 水溶性ビタミンB5である。主として脂質・糖質の代謝に関与し、細胞構築・正常な成長の維持・中枢神経系の発達にも関係している。
 
ビタミンB6
特徴 : 水溶性のビタミンで、タンパク質の分解、皮膚粘膜の健康維持に役立つ。アミノ酸合成や分解に深く関わっているので、タンパク質を多量に摂取したときには、ビタミンB6も多めに摂った方がいい。
にきび、口内炎、口角炎、手足のしびれ、そして脳の神経間伝達物質である「GBAB」の合成にも関与している。
 
ビタミンB12
特徴 : 脂水溶性ビタミンで、赤血球の形成に関与している。赤血球の再生、形成に働き、末梢神経系の健康を維持する。精神安定にも関わっている。
葉酸と併用するのが理想的な摂取方法。
 
葉酸
特徴 : 葉酸はビタミンBの一種で、たんぱく質やDNA合成に欠かせない重要なビタミン。妊婦や授乳婦にはとくに重要な栄養素。
 
ビタミンC
特徴 : 水溶性ビタミンで、皮膚粘膜の健康維持・抗酸化特徴がある。
いわゆる抗酸化物質の代表格で、コラーゲン形成、鉄吸収に重要な働きをする。自分で作り出すことができず、すぐに流れ出てしまうため、積極的に摂取する必要がある。
 
ビタミンD
特徴 : 脂溶性ビタミンで、腸管でのカルシウム吸収促進、骨の形成を助ける。太陽光線が皮膚の脂肪に特徴し、体内でもビタミンDはつくられる。
カルシウムやリンの代謝に密接に関係し、丈夫な骨や歯をつくるのに欠かせない栄養素である。ビタミンAの吸収にも関与している。
 
ビタミンE
特徴 : 脂溶性ビタミンで、抗酸化特徴により体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける働きをする。
強い抗酸化特徴を持ち、脂質以外にもビタミンA、C及びセレニウム含硫アミノ酸(システイン、メチオニン)の酸化も防ぐ。
 
スピルリナ
特徴 : スピルリナは35億年以上前に誕生し、姿形を変えずに生きてきた非常に生命力の強い、らせん状の形をした緑色の藻である。必須栄養素中37種類がバランスよく含まれている栄養素の宝庫で、とくにベータカロテンはほうれん草の40倍で、ビタミンAへの転換率も高く、タンパク質、ビタミン、ミネラルもたっぷり入っている。
同類の藻と比べてスピルリナの細胞膜は非常に薄く壊れやすいため、実にその95%消化吸収される。さらにクロロフィルやカロテノイド、フィコピリンなどの天然色素を多量に含んでいるため、非常に優れた造血特徴を発揮できる。
 
セラミド
特徴 : セラミドは脂質であるが、それにも関わらず水分と結びついて肌の表面で保湿とバリヤーの働きをしている。アトピー性皮膚炎はバリヤーの破綻に起因することが認識され、セラミド不足もその原因と考えられている。
 
トコトリエノール
特徴 : スーパービタミンEとも呼ばれ、通常のビタミンE(トコフェノール)の40〜60倍の抗酸化特徴を発揮する。
その他、コレステロール低下特徴、動脈硬化改善特徴、血小板凝集抑制特徴、血圧低下特徴、乳がんなどの抗がん特徴、腫瘍抑制特徴があるといわれている。
お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線