若い世代にも多い目のトラブル


若い世代にも多い目のトラブル

高齢になると白内障や緑内障、視力の低下など様々な目のトラブルが起きやすくなりますが、今はスマートフォン、パソコン、ゲーム、テレビ、カラコンなどで何かと目を酷使しやすい時代ですので、若い世代にも目の疲れ、視力の低下などに悩んでいる人は少なくありません。

眼病が進むと健康な目の状態に戻すことは難しいので、適度に目を休めたり、目の健康を維持できる努力をすることは大切です。

目の健康を守るためには適度に目を休めたり、保護レンズのついた眼鏡を利用する、ツボ押しや目の運動、遠くを眺めるなどの努力も行いたいですが、栄養素も大事ですので、目に良いとされる栄養素はしっかり取っていきましょう。

目に良いとされる成分

目の健康維持のためにはサプリメントも便利です。 食品で栄養を摂ることは基本ですが、食事だけで摂るのが難しい成分もありますので、こうした商品も併用するとより無理なく摂取を続けていくことができます。

目に良い成分としてはビタミンAやブルーベリーも有名ですが、ルテインもまた注目されている成分です。 抗酸化作用の高いカロティノイドの一種です。

目のトラブルは活性酸素が原因で起こることも多いですが、余計な活性酸素を取り除くためにはやはり抗酸化作用の高い成分を取り入れることは有効です。

ルテインを多く含む食品はカボチャ、ほうれん草、芽キャベツ、ブロッコリーなどの緑黄色野菜や卵黄などがあげられます。

良質なルテインサプリメントを選ぶ

食品でしっかりとルテインを取り入れていきたいですが、食品から取れる量はそれほど多くはなく、毎日続けていくとなると難しいものもあります。

そういった場合もサプリメントならいつでも気軽に成分を摂取できますし、持ち運びにも便利ですので外出先でも利用することができます。

サプリメントや健康食品も多く販売されていますが、成分の含有量もよく確認しておきましょう。そして他にも目の健康維持に役立つ成分が配合されているものも多いので、その他にはどのような成分が配合されているかもよく確認して最適なものを選んでいきましょう。

高齢化による視界での様々な不具合の発生

高齢化に伴い体の各パーツに劣化とか老化が現れてきます。関節では軟骨がすり減ってきて、動かすたびに激痛が走ったりすることがあります。

それが目の場合、紫外線が目の硝子体に入るとその中で活性酸素が発生することで、酸化反応が起きます。若い間はその参加した部分がすぐに元通りになりますが、中高年になると濁りとして残ります。自己修復機能があまり働かなくなるのです。

そうなると、視界に変化が現れます。具体的には前スッキリ見えていたものが見えにくくなって来たり、あるいは虫が飛んでいるように見えるようになったりします。これを所謂飛蚊症といいます。こうなるとなかなか治りにくくなります。

ルテインを摂取するのは効果的な対策です

その際にルテインを摂取することで、発生した悪玉である活性酸素を除去することが出来るのです。通常は1日6mgが必要とされています。そして目の見え方に不具合が生じた時には、その3倍になる1日20mg以上の量が必要になります。

これを天然のほうれん草で取ろうとするとなんとサラダボウル5〜6杯分になり現実的には実施は困難なことになってしまいます。そのようなニーズに応えるべく天然・高純度のルテインを1日20mg〜30mg手軽に補給することができるサプリメントが市販されています。

ルテインを効果的に体内吸収するためには

ただ気を付けなければならないのは、視界の栄養素である「ルテイン」は、脂溶性なので、摂取しても素通りして体外にでてしまうといわれているところです。だから沢山摂取しても体内に吸収されないということがあるのです。

ただルテインと一緒に飲むことで、その本来機能が向上すると言われている「松樹皮エキス」を含んだ専用のサプリメントが流通しており、効果的に体内に取り入れられるようになってきています。

そしてこれらの成分に吸収率を非常に高める「乳酸菌生産物質」やあのガンジーが30年間飲み続けた「紫イペ」が加わっていると、効果的にルティンが活性酸素を退治するようになります。

通常2〜3ケ月、早い人で1ケ月で何らかの良い変化を経験できるはずです。視野が広がるとか、影が薄くなるとかの見え方の話もありますし、体が以前よりも軽くなったというようなことも期待できるのです。
<< 前のページ 次のページ >>
お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線