夏の強い日差しに必要なルテイン


夏の日光と肌

春から夏の間は日光が強くなります。そのせいで日焼けする人も少なくありません。日焼けは肌のシミやくすみの原因にもなるため、その対処法として日焼け止めクリームを塗ることが多くあります。

では、それで光ダメージから肌を守れるかと言うとそうではありません。もしも肌にルテインと呼ばれる成分が不足していると日焼け止めクリームを塗っていても光ダメージを受けてしまいます。

なぜならば、日焼けは主に紫外線によって引き起こされるものであり、日焼け止めクリームは紫外線カットの効果しかありません。しかし、日光には紫外線以外にも肌にダメージを与えてしまう光があります。その一つが青色光です。

光のダメージから守ってくれる

青色光は紫外線に近い波長をしており、肌の深部まで届いてダメージを与えてしまいます。それがシワや弛みなどの原因になることもあります。その青色光からのダメージを軽減してくれるのがルテインです。

なぜならば、青色の波長を吸収する効果があるからです。また光ダメージを受けたとき、活性酸素が生じてしまいそれが細胞に悪影響を与えてしまいますが、その活性酸素からも守ってくれます。もしも、肌にこの成分が不足したまま夏の強い日差しを受けてしまうと、たとえ日焼け止めクリームを塗っても肌にダメージを与えてしまうのです。

栄養面から肌トラブルをサポート

実際に海外の研究結果からルテイン不足になると肌の水分量、脂質量、弾力性が失われることが分かっています。この3つが低下するということはすなわち保水性が低下してハリのない肌になるということです。

夏になると肌のダメージが深刻化するため、日焼け止めクリームだけでなく、このような栄養成分を摂取していくことを心がけなくてはなりません。これが含まれている食材は卵黄や動物性脂質、さらには緑黄色野菜などが挙げられます。

食事で摂取するのが難しいのならば、サプリメントを活用するのも一つの手段と言えます。のように栄養面からも対策を採れば、肌を強い日光から守ることができるのです。
<< 前のページ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線