加齢性黄斑変性症(AMD)のよくある質問Q&A


 >  >  >よくある質問
よくある質問Q&A
目を守る小冊子プレゼント
黄斑症のトップ
目の悩みトップ

黄斑変性症のよくある質問

質問 加齢黄斑変性症と言われましたが?


回答

加齢黄斑変性症(AMD)は、もともとアメリカで多い眼の病気で、65歳以上の4人に1人かかり、そのうち半数が失明しているという恐い病気です。この眼病が日本でも急増しています。

通常の見え方 → 黄斑変性症AMDの症状

人間の網膜には「黄斑部」という部位があります。ここに水晶体を通過した光が当たります。ここには”光受容体”という円錐形の細胞が数百万個も存在し、光を識別して映像を識別しています。


しかしこの組織は、光に含まれる紫外線も常に受けているため、年齢とともに次第に組織が壊され変質し、正常な画像を認識することができなくなります。

最初は視野が部分的に欠けたり、ぼやけたりします。さらに黄斑部の変質が進むと、欠落が大きくなって行くため失明することがあります


質問 黄斑変性症における新生血管とはどんなものですか?

回答 加齢黄斑変性症には萎縮型滲出型があります。

萎縮型は、黄斑部の細胞が老化することで萎縮することで発症します。年齢とともに老化が進み、組織に黄色を帯びた沈殿物が蓄積します。症状の進行はゆっくりです。

これに対して滲出型は、急速に進行します。

老廃物が”網膜色素上皮”の下にたまると、その蓄積が原因となって毛細血管の血流が滞り、新生血管という血管ができて網膜組織に無数に伸びてゆきます。

新生血管


この”新生血管”の壁はとても薄いため破れやすく、出血を促します。滲出型の黄班変性症はそのために起こるのです。このタイプは急速に視力が失われるため、迅速な対応が必要になります。


質問 黄斑変性症は治りますか?

回答 黄斑変性症は、高齢になるほど発症率が高くなり、日本では女性より男性のほうが多いことで知られています。しかし、その原因はよくわかっていません。現状において、決定的な予防法や治療法は確立されていませんが、レーザー治療等で改善されるケースもあります。


質問 どのような治療方法がありますか?

回答 現在 眼科では次のような治療が一般的です。

  1. レーザー光凝固法
    レーザーによって”新生血管”を焼き固める方法ですが、黄斑部の中心にある場合は対応することができません。

  2. 脈絡膜新生血管抜去術
    網膜の一部にメスを入れ、開削して直接新生血管を除去する方法です。しかし同時に周囲の組織を損傷するリスクがあるため、高度な技術が必要です。

  3. 黄色斑移動術
    外科的に黄斑部の中心を移動させる手術で、視力は回復しますが、術後に網膜剥離など他の眼病を引き起こすリスクがあります。

これらの手術が症状に合わせて行われていますが、それぞれに一長一短があり、いずれも完全なものではありません。

最近では、サプリメントを併用される方も増えています。
カテゴリのトップ
目の悩みトップ
 その他の黄斑変性症(AMD/おうはんへんせいしょう)のよくある質問
・黄斑変性症とは?
 目の病気”黄斑変性症”の特徴など
・光線力学的療法(PDT療法)
 治療法、光線力学的療法(PDT療法)について
・眼科での対応
 眼科における対応について
・pdt治療 
 最新の治療法、「pdt」とは何ですか?
目が良くなる小冊子無料プレゼント

【お名前】


【メールアドレス】 ※携帯不可
※スマートフォンの方はこちらからご登録ください。

お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線