目の腫瘍
目の腫瘍について
目を守る小冊子プレゼント
目の悩みトップ

目に発生する”腫瘍”とは?

腫瘍というのは、体を構成している細胞の中の一個の細胞が変異を起こし、その細胞が異常な速さで増殖してゆくもので、真性腫瘍とも呼びます。

腫瘍には良性腫瘍と悪性腫瘍があります。悪性のものは「がん」と呼ばれ、組織の中に新生血管という独自の血管を作って急速に増殖します。そして全身へと転移し、人を死に至らせるのです。

ガンができた器官により胃ガン、肺ガン、大腸ガンなどと名づけられます。そして稀ではありますが、目にもガンは発生するのです。

1.眼瞼腫瘍(がんけん)とは?
眼瞼腫瘍(がんけんしゅよう)は、まぶたにできる腫瘍です。発生する頻度は良性のものが高いとされています。腫瘍と間違われることがあり、母斑(ほくろ)とも間違われることもあります。また、悪性のものもあるため、注意が必要です。
2.結膜の腫瘍について
白目の部分より「がん」が発生する事例が見られます。「結膜輪郭」と呼ばれる黒目と白目の境目より発症することがとくに多く見られ、角膜の表面にうすい半透明の膜のようなものが広がり、徐々に隆起するのが特徴です。
3.ぶどう膜の腫瘍について
「ぶどう膜」とは、目の中の虹彩と毛様体、そして脈絡膜という部位を総称したぶ分です。カメラで例えると「絞り」の役割をする虹彩、「ピント」を担うのが毛様体です。この2つと脈絡膜は、”ぶどう膜”と言う一つの組織で繋がったものです。
4.眼窩腫瘍(がんかしゅよう)について
眼球が収まっている周囲は骨で守られています。そしてこの部分を眼窩(がんか)といいます。この眼窩にできる腫瘍が眼窩腫瘍です。眼窩腫瘍には、良性と悪性があります。その中で様々種類があり、小児にも発生することがあります。なかでもとくに「悪性リンパ腫」が多く、眼窩周辺にあるリンパ組織の中で発生します。
5.視神経の腫瘍について
眼球に繋がる神経(視神経)にまれに発症する腫瘍。その中で視神経鞘に起こる「髄膜腫」。成長すると頭骸骨の中にまで発展してゆくことがある腫瘍です。”神経繊維腫症”と呼ばれる病気に合併することもあります。
6.目の腫瘍が発生する確率
様々な種類が存在する目の病気ですが、その中で「目の腫瘍」はどの程度の確率で起こるのでしょうか。他の眼病の発症件数と同時に見ていきます。
7.悪性腫瘍の原因について
悪性腫瘍が発症する原因には、農薬、薬剤、放射線、紫外線、電磁波、ウイルス、たばこ、食事や栄養の偏り、ストレスなど様々な要因があり、私たちの周辺に存在するものばかりです。
8.悪性腫瘍の実例
タレント「おすぎとピーコ」のピーコさんが、目にできた腫瘍により眼球摘出手術を受けた例を解説しています。


お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線