ルテインとはどのようなもの?
前のページに戻る
よくある質問Q&A

「ルテイン」とはどのようなものですか?

回答

抗酸化作用をもつ「カロチノイド」の一種で、人間の瞳に存在し、特に 「水晶体」 と 「黄斑部」 に多く蓄積されている重要な成分です。(下図を参照)

眼球の構造
目のトラブルの原因として、【紫外線】があります。
目が【紫外線】を過剰に浴びてしまうと、「水晶体」や「黄斑部」が傷つき、様々な眼病などにつながります。
太陽からの紫外線
【太陽からの紫外線】
また最近では、パソコンやスマートフォンから発せられる”ブルーライト”が目に良くないことが知られるようになってきましたが、紫外線はこのブルーライトと波長が似ていて、目に強い刺激を与えることが分かっています。
パソコンからのブルーライト
【パソコンから発するブルーライト】
スマートフォンからのブルーライト
【スマホから発するブルーライト】
ここで、”ルテイン”には発生した不純物を取り除いたり、寄せ付けなくするパワーがあります。そのため、紫外線が目の細胞に吸収される前に、自ら吸収することで目に与えるダメージを軽減してくれるのです。
紫外線から防御
しかし目の酷使や加齢、そして強いストレスを受けていたり、偏った食生活などを送っていると、どんどん減少して行きます
目のトラブルの原因
そしてこの状態が長く続くと、目には様々なトラブルが発生します
このルテインという成分は、体内では作ることができないので、食品から積極的に摂取する必要があります。
前のページに戻る
ルテインの必要量
説明文2
飛蚊症の見え方  黄斑変性症の見え方
ゴミがちらつく 部分的にゆがみ、欠けて見える
緑内障の見え方 白内障の見え方
周辺部が欠損して見える 白く濁る、まぶしい
説明文その3
野菜に含まれるルテインの量

天然由来のルテイン

サプリメントに使用するルテインの成分には、【天然】と【合成】があります。
天然と合成の違いは明白で、ワシントン大学の栄養学者、【マイケル・マレー博士】は次のように言っています。
吸収されない合成品
合成された成分というのは、自然界には本来存在しないものであり、人間の体にとっては異物です。
つまり、”合成された成分”の場合は体内に吸収されないことがほとんどで、飲んでもあまり効果的ではありません。
また、栄養素は一般的に”純度”が高い程、その効果は高くなります。 そのため当店のサプリメントでは、
天然で安全性の高い”高純度”の成分
を使用しています。
前のページに戻る

エステルの代謝と吸収性

ルテインは、マリーゴールドの花から抽出します。
そして、抽出した成分は「エステル体」と呼ばれ、この「エステル体」を精製すると「フリー体」 になります。
マリーゴルドの花より抽出
一般的に「フリー体」は吸収がよく、有利とされていますが、最新の研究においては、「エステル体としても優れた機能を持つ」という学術論、および試験結果も存在します。
そのため当店の当店のサプリメントでは、『フリー体』 と 『エステル体』の両方を使用しています。
前のページに戻る

ルテインエステルの生物学的有意性

フリー体とエステル体のルテインで摂取した場合、血液中のルテイン濃度の上昇具合をみると、エステル体で摂取した方が、フリーで摂取するよりもルテイン濃度が61.6%高くなります
また、32時間後のピーク時では、エステルで摂取した方が2倍近い濃度の上昇を示す結果となっています。しかも血液中における存在時間も、フリー体と比べて長い結果となっています。
さらに、血中濃度曲線下面積の値においても、ルテインエステルで摂取した場合、フリー体で摂取した場合よりも 18人中14人(78%)で高い値を示しました。
これらの結果から、フリー体で摂取するよりも、ルテイン体で摂取した方が、血液中への移行性がよいことが示唆されました。
エステル体の生物学的優位性
エステルの生物学的優位性
緑線「エステル体」赤線「フリー体」
【結果】
2種類を摂取した後の「血液中ルテイン濃度」は、「エステル体」が高い値を保っています。
生物学的優位性グラフ比較
前のページに戻る

エステル体の血中濃度

摂取した時の「血中ルテイン濃度」を比較すると、エステル体を摂取した時の濃度が、フリー体の摂取時に比べて高いことが、臨床試験結果で明らかにされています。
血中濃度経時変化グラフ
吸収比較グラフ
オリザ油化(株) カタログより引用
前のページに戻る
あなたの視界は大丈夫?
よくある質問Q&A
成分について
「ルテイン」とは一体どんなもの?
サプリメントについて
お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線