スマホ老眼とは?
よくある質問Q&A

最近急増している「スマホ老眼」、眼病について教えてください

回答
最近下記のようなご相談をよくいただきます。
「スマホを使うようになって遠近感がつかめない」
「画面を見ていると近くのものが見難くなる」
「目の前に異物が見えるようになった」
これらは、近年スマートフォン(スマホ)が普及して利用時間が大幅に伸びていることが原因で、従来は加齢で起こる老眼が30代でも発症しています。
スマートフォンの使用
スマホは様々な情報を手軽に入手できる便利なツールではありますが、小さな画面に映し出される
【小さな文字】
を1日に何時間も見ていると、当然のように「目」に大きな負担がかかります。また、画面が小さいため視線がほとんど動かず、一定の距離が長時間保たれます。
その結果、【ピント】を合わせる必要が少なり、目の様々な筋肉が弱体化し、老眼の症状が表れます。
そして、一番よくないのが、暗い所での使用です。
人間の目は、暗い場所で何かを見ようとする際、【瞳孔】を大きく開き、より多くの光(有害な光線)を取り込もうとします。
スマートフォンを暗い場所で使用
そのため、スマホを薄暗い場所で使用すると、目は大きなダメージを受けるのです。とくに寝る前、部屋を暗くしてベッドの上での使用は最も良くありません。
そのような使用をしていると、ピントを調整する機能が次第に衰え、
●近視
●乱視
そして、最近急増している
【スマホ老眼】
の原因になるのです。
※老眼についてはこちらのページで解説しています。
また老眼だけではなく、有害な光がたくさん目に入ることで、
ゆがむ、欠ける
(視界が欠ける・歪む)
ちらつく症状
(視界にゴミが浮遊する)
などのトラブルにもつながる例も増えています。
予防策としては、スマホの1日の使用時間を減らすことも必要ですが、暗い場所で操作することはなるべく避けましょう。
やむを得ず暗い場所で使う時は、画面の明るさを抑えめに。そうすることで瞳孔もあまり開かないため、ダメージも抑えることができます。
なお、目を酷使することで目に必要な栄養素が減少してしまいます。
ぜひ積極的に栄養分を補給し、健康な目と視界を保ちましょう。
よくある質問Q&A
成分について
眼病、スマホ老眼について
サプリメントについて
商品一覧を見る
お支払い方法 配送・送料 お届けについて
返品・交換 個人情報の保護
会社案内
お問い合せ

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線