資料館TOP
視界の栄養素について
現在、下図のような瞳のトラブルが急増しています。とくに飛蚊症(ひぶんしょう)は生活環境の変化によって、昔とは比較にならないほど増え続けています。
飛蚊症の見え方  黄斑変性症の見え方
糸やゴミのようなものが
常に浮遊してつきまとう
部分的にゆがんだり
黒く欠けている
緑内障の見え方 白内障の見え方
周辺部が狭くなる
部分的に暗い
白く濁る、まぶしい
ぼやけている

目の悩みに応える栄養素ルテイン

これに対応するために、様々なサプリメントが使用されていますが、中でもルテインは瞳の重要な栄養素として注目されています。

ブルーベリーも疲れ目などに対して飲む方は多いのですが、根本的な解決方法とは言えません。ここでは様々な視点から詳しく説明しています。
1.目の悩みとルテインについて
目にトラブルが発生した際に摂取したい栄養素として注目されているの栄養素について解説しています。また、食事に含まれるルテインについて、どのような食材に含まれているのかを解説しています。
2.サプリメントのルテイン
サプリメントについて解説しています。また、どのようなサプリメントが適しているのかを考えます。また、視界の栄養素の説明をする際に必ず登場するのが「ゼアキサンチン」です。そして天然由来によって作られるルテインと、科学的な合成によって生成される成分との違いや特徴について解説しています。
3.フリー体とエステル体、アントシアニンについて
ルテインの種類には、フリー体とエステル体という2種類があります。これらの違いや特徴について詳しく説明します。また、目のトラブル時に必要な成分として「アントシアニン」の名前が挙げられることがありますが、ここでは詳しく説明します。
4.マリーゴールドとビタミンA
ルテインを作る母体となる食品、そしてマリーゴールドについてその特徴を詳しく説明しています。また、目のトラブルに必要なビタミンとして有名なビタミンA。視界の栄養素との関係性や必要性などについて説明しています。
5.黄斑変性症について
加齢性黄斑変性症、これは白内障や緑内障などの眼病の一種で、進行が進むと失明に至る、注意が必要な病気です。
6.ゼアキサンチンの働き
ルテインとゼアキサンチンは両方とも、カロテンの一種です。両方とも、人間の網膜に存在し、老化による眼の病気を防ぐ働きをします。
7.眼精疲労、青色光の害とは?
視界の栄養素は、網膜に到達した青色光を吸収する働きをします。ルテインは人体の中では網膜に存在する成分です。また、通常の可視光線は水晶体で吸収されますが、紫外線や青色光は水晶体を通過し、網膜に到達してしまいます。


New1.視界を正常に保つ栄養が詰まったサプリメント
視界の歪みやちらつき、欠けたりぼやけたりなどの悩みを、毎日手軽に摂れるサプリメントでサポートしましょう。何となく目がかすむ、細かい活字などが読みにくい、視界にゴミのようなものが漂うなどの、目に纏わるトラブルに心当たりがある方は少なくないでしょう。
New2.視界の健康にルテインがおすすめ
目の健康維持のためには目に良いとされる成分をしっかり取り入れることも大事ですので、目に良いとされる成分を含む食品を取り入れたり、効率よく成分を摂るためにサプリメントなども活用したいところです。普段は普通の晴天の青空が見えていたのに、ミミズのようなゴミが動き回ったり、小さな粒や丸い輪っかや、よくわからない物体が視界から消えなくなります。
New5.栄養素で守る視界の健康
眼病が進むと健康な目の状態に戻すことは難しいので、適度に目を休めたり、目の健康を維持できる努力をすることは大切です。加齢に対抗するには、それなりの対策が必要です。毎日の瞳の状況をチェックしつつ、日々の繰り返しを演出するのです。
New7.夏の強い日差しに必要なルテイン
日差しの強い夏には肌が日焼けするのと同じように、目の中でも日焼けと同じ現象が起こります。ルテインは紫外線から体を守ってくれるので、夏の日差しから体と目の日焼けを防いでくれます。

Copyright (C) 2011〜 Project House Corporation All Rights Reserved

枠線